メニュー

医療安全管理基本指針

安全管理に関する基本的な考え方

患者様が安心して安全な医療が受けられるように、職員一人一人が医療安全の必要性・重要性を認識し行動できる体制を確立し、事故防止に取り組む。

安全管理指針

  1. 施設内でのインシデント事象等の収集、分析を通じてそれらを把握し、適切な報告システムの確立、マニュアル等の対策改善により、再発防止に努める。
  2. 医療事故発生の無い医療機関を目指す。仮に医療事故が発生した場合も救命と被害の拡大防止に全力を尽くす。
  3. 安全管理委員、リスクマネージャーなどの設置とともに、安全管理体制を確立し、それぞれが職責を果たすように努める。
  4. 全職員を対象とする。医療安全管理のための研修を、計画的に実施する。
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME