メニュー

がん治療(TNCのコスモスページ)

活性化リンパ球療法は、 免疫細胞を活性化する物質ともに体外でリンパ球を培養して増やし、 体内に戻すとがんを殺す力があることから研究がすすめられました。 増やしたリンパ球には様々な種類の細胞が含まれ、総合的な免疫力の向上が図れると考えられます。 NK(ナチュラルキラー)細胞は、末梢血中に一定数存在し (T細胞やB細胞が抗原で刺激されてはじめて働くのとは異なり) 体内でがん細胞や、ウイルス感染細胞などを発見すると、排除する役割を担います。 樹状細胞は、がんを認識するキラーT細胞の存在が 明らかになったことから、この細胞にがんであることの認識をさせて、 効率よく攻撃するように指令を出すことができる細胞です。

本人の免疫力によってがんを認識するキラーT細胞の存在することが明らかになり、 さらにこの細胞が認識することのできる、がん細胞に 特異的な抗原のあることが明らかになりました。現在までに、 数多くの抗原が見つかり、がん特異的抗原そのものを用いたがんペプチドワクチン療法を行っております。

骨髄由来幹部細胞は様々な組織に分化すると考えられ、基礎研究のみならず、 血管・血液細胞、造血幹細胞、心筋細胞、中枢神経細胞、骨などの臨床研究が行われているところです。 組織の再生を目的として研究が行われているため、がんによって破壊された組織の修復を目的として免疫再生治療の ひとつに取り入れております。

免疫療法とは、体内にある免疫担当細胞、サイトカイン、抗体等を、 活性化する物質を用いて免疫機能を目的の方向へ導く治療法です。 がん治療の分野では、現在広く行われている外科療法、化学療法、 放射線療法に続き、免疫療法が第4の治療法として期待されています。 免疫療法は用いられる細胞等の種類によって様々な効果をもたらします。 当院では、①免疫細胞療法として、 免疫力を総合的に高める活性化リンパ球療法、 ウイルス感染細胞やがん細胞を殺傷する能力のある NK細胞療法、体外でがん特異的抗原ペプチドとともに 培養を行い、免疫誘導能力を増強する樹状細胞療法を行います。
また、②がんワクチン療法として、ガンに対する特異的な 免疫を誘導するがんワクチン療法を行います。 そして、③組織再生療法としてさまざまな疾患に 効果があるとされ、研究がすすめられている骨髄由来幹細胞を用いて、 がんなどの病気によって破壊された組織を再生する治療を行います。 3つを併用することにより効果の高い免疫再生治療を目指しております。

治療の流れ

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME