メニュー

よくあるご質問

免疫細胞療法ついて

Q 主治医より「もう有効な抗がん剤がないので、これからは症状に対応する治療をしていきましょう」と言われています。免疫細胞療法を行うことはできますか?

A 免疫細胞療法は基本的に副作用が少ないため、効果を期待して誰でも試すことができる治療法です。日常生活に支障がなく過ごされている方であればほどんど問題なく施行可能です。しかし、患者様の状態によってはお身体の負担になってしまうことも考えられるため、行えない場合もございます。治療をお考えの方は事前にご相談ください。

 

Q 他院で受けている治療と併用しても大丈夫でしょうか?


A 免疫細胞療法は放射線治療や化学療法、温熱療法との相性が良い治療法のため、可能であれば併用をお勧めしております。

Q NK細胞療法とNKT細胞標的治療の違いは何でしょうか?


A NK細胞療法とNKT細胞標的治療は、それぞれNK細胞とNKT細胞という違う種類の免疫細胞を対象にした異なる免疫細胞療法です。

まず、がん細胞を攻撃する主な免疫細胞として細胞殺傷性T細胞とNK細胞が挙げられます。前者のNK細胞療法はNK細胞を培養で大量に増やしがんへの攻撃力を高め体内に戻す治療法です。NK細胞は強い殺傷力を示しますが、多くの細胞は投与後数日で役割を終え死んでいくため定期的に細胞の投与を繰り返す治療が有効になってきます。

これに対して、NKT細胞はがんへの攻撃を行う細胞殺傷性T細胞とNK細胞の両者の働きを高め、がんを攻撃させる司令塔的な免疫細胞です。NKT細胞標的治療は、このNKT細胞の働きを活性化する治療法です。同治療1コースによるNKT細胞の働きは、治療後半年から1年間保たれるため、細胞殺傷性T細胞やNK細胞によるがん細胞への継続的な攻撃が可能になり、原発巣の進行や再発・転移の抑制作用がより長期に持続することが期待できます。また、非小細胞肺癌や頭頸部がんに対する有効性を示した免疫細胞療法として先進医療になった実績のある治療法です。

Q 最初の治療(標準治療)が終わり、がんは消えたのですが、主治医から再発の可能性の話をされました。再発の予防に免疫療法は効きますか?


A 種々の報告がありますが、再発の予防は、免疫療法が得意とする領域です。

「がんが消えた」とのことですが、主治医の先生は、検査画像で見えない小さながん細胞の集団がいて、そこから再発してくる可能性があるので様子を見ましょうとおっしゃっているのだと思います。

明らかに再発のリスクが高いと判断された場合、治療を継続する場合があります。その場合、相手がどこにいるかわからない見えない癌ですので、通常全身を対象に治療可能な薬物療法(抗がん剤や分子標的治療薬など)を行います。主治医の先生がお考えの薬物療法などの追加治療がある場合、その治療を受けられることをお勧めいたします。ただ、抗がん剤治療を受けられない、どうしても受けたくない、化学療法と免疫細胞療法を併用したいなどのご希望をお持ちの場合、一度ご相談ください。

オンコサーミア(腫瘍温熱療法)について

Q 他の治療と併用しても大丈夫でしょうか?


A 温熱治療は一般的に、薬物療法(抗がん剤や分子標的治療薬など)、放射線治療、免疫細胞治療との相性が良く、併用することでこれらの治療効果を高めると考えられており、併用をおすすめしております。

Q 心臓にステントが入っていますが、治療は可能でしょうか?


A 病変の部位、ステントの種類や、入り方によっては治療可能です。詳細をお伺いする必要がありますので、一度ご相談ください。

Q 温熱治療は、どのぐらいの回数受ければよいのでしょうか?


A 当院では、12回を1コースとして治療を行っております。温熱療法は基本的に手術や放射線治療、化学療法のような重大な副作用は無く、治療回数にも制限はありません。また、がんの状態や、併用する治療によっても治療効果が違います。1コース終了後、有効性が認められた場合、継続することをおすすめしております。

治療費について

Q 治療費はいつ支払えばよいですか?


A 治療の内容によってお支払いのタイミングが変わります。免疫細胞療法では治療用の採血(または成分採血)を行う当日までに、オンコサーミアの場合治療開始当日までに1コース分の治療費のお支払いをお願いしております。また、その他の診療費については当日お帰りの際にお支払いいただいております。あらかじめご了承ください。

Q 支払い方法について教えてください


A 現金、またはお振込み、クレジットカード(VISA、MasterCard)によるお支払いをお願いしております。

Q 免疫細胞療法、オンコサーミア(腫瘍温熱療法)は医療費控除の対象になりますか?


A はい。通常、当院の免疫細胞療法及びオンコサーミア(腫瘍温熱療法)は医療控除の対象になります。 詳しくは管轄の税務署又は市区町村の役所にお問い合わせください。

Q 健康保険は適応されますか?


A 当院の診療は自由診療となりますので、健康保険は適用されません。

Q 高額療養費の対象になりますか?


A 当院の治療は自由診療となりますので、高額療養費の対象にはなりません。

Q 保険会社の保険等の対象になりますか?


A 民間の医療保険には自由診療が給付対象となるものがあります。詳しくは、ご加入の保険会社へお尋ねください。

Q 保険会社の先進医療特約は利用できますか?


A 当院での治療は、先進医療特約の対象にはなりません。現状として、厚生労働省が認める先進医療は、適応症及び医療技術ごとに実施する医療機関が限定されています。詳しくは厚生労働省のホームページをご参照ください。

Q 治療を全て行えなかった場合、未実施分の治療費は返金されますか?


A はい。治療のコースの間に治療を中断された場合、行わなかった治療回数に応じて振込にてご返金させていただきます。オンコサーミア(腫瘍温熱療法)では、1回あたりの治療費に実施されなかった回数をかけた合計額をご返金させていただきます。免疫細胞療法では治療法の種類と中断されるタイミングによってご返金額が異なります。詳しくはお問い合わせください。

Q 領収書の再発行は可能ですか?また、領収証の名前は変更できますか?


A 領収書の再発行はできませんので大切に保管ください。また、当院では、治療費の領収書は患者ご本人様のお名前以外では発行致しかねますので、予めご了承ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME