メニュー

免疫細胞療法とは

  1. 要点
  2. がんへの攻撃力を高める免疫細胞療法
  3. 免疫細胞療法の特徴

要点

◆ 免疫細胞療法とは、ご本人のがん細胞と戦う免疫細胞の攻撃力を体外で高めて体内に戻す治療法です

◆ 免疫細胞療法は、ほとんどのがんに行える副作用の少ない身体にやさしい治療法です

◆ 免疫細胞療法は、放射線治療や化学療法、温熱療法との相性が良く、がん免疫を高め他の治療の効果を高めることができる治療法です

◆ 免疫細胞療法の治療(細胞投与)は毎回30分ほどで終わる日帰りでの通院治療となります(細胞投与は、点滴、または皮下や腫瘍への注入で行います)

◆  治療期間は治療法や治療回数などで異なりますが、2~5か月間の治療となります

◆ 免疫細胞療法は治療後の再発予防としても期待されている治療法です

がんへの攻撃力を高める免疫細胞療法

がんの「免疫細胞療法」とは、ご本人のがん細胞と戦う免疫細胞を採血によって体外に取り出し、培養環境で「がんへの攻撃効率を高め」体内に戻す治療法です。

 

「がんへの攻撃効率を高める」とは、以下の培養・加工処理を指します。

 

・細胞の絶対数を数十倍から百倍以上に増やす。

・免疫細胞を活性化させ、体内に戻したときにすぐに戦える即戦力に育てる。

・免疫細胞に敵(がん)の目印を覚えさせる。

・免疫細胞に体内で免疫力を活性化するための加工をする。

 

免疫細胞療法の特徴

免疫細胞療法には以下のような特徴があります。

 

① 副作用がほとんどない身体にやさしいがん治療

免疫細胞療法は、ご本人の細胞を使用するため副作用はあっても数日でおさまる微熱や倦怠感です。一般的ながん治療(標準治療)と比較すると、ほとんど副作用のない身体にやさしい治療法と言えます。

 

② がんの種類やステージを問わず行えるがん治療

血液がんを除くほとんどすべてのがんが対象となり、身体への負担が少ないため、がんの初期から進行・再発がんまで治療が可能です。特に、体力が落ちて薬物療法など標準治療が行えない方でも、生活の質を落とすことなく様子を見ながら治療の継続が可能な点は、がん治療における免疫細胞療法の大きな特徴と言えます。

 

③ 標準治療を含めた他の治療との併用による相乗効果

がんに対する免疫(がん免疫)の力は、治療の有無とは関係なく日常的に働いています。そのため当然、がんの三大療法(手術、薬物療法、放射線治療)などでの治療中又は治療後も働き、これらの治療成績に寄与していることが分かってきています。別の言い方をすれば、三大療法を行うときも、患者ご本人の免疫状態が治療結果を向上させるためにとても大事であるということです。

しかし、一般にがんを患った方の多くは免疫細胞のバランスの乱れ、細胞数の低下が認められます。免疫細胞療法はがんの三大療法との併用によって、人ががんと闘うためのベースとなる体内の免疫細胞のバランスを補正し数を底上げすることが可能な治療法です。

また、免疫細胞療法は、放射線治療や温熱療法、また一部の薬物療法との相性がよく当院でも併用を推奨させていただいております。

逆に、白血球が減ってしまう薬物療法(殺細胞剤)や放射線治療(広範の骨(脊椎、骨盤等)への照射等)、免疫抑制作用のある薬剤との同時併用は理想的な状況とは言えず、治療のタイミングを調整する必要があります。

 

③ 日帰り通院での治療

免疫細胞療法の治療回数や、各治療の間隔は治療法によって異なりますが、大よそ2~3週間おきの細胞投与4~8回ほど繰返して行います。治療期間はを2~5ヵ月ほどになります。細胞投与(治療)は、注射または30分ほどの点滴で終わる日帰りでの通院治療となります。

 

④ 再発予防効果

がんというのは、たとえ初期のものでも治療後に「治った」と言い切ることが難しい疾患です。というのも、再発の芽となるがん細胞(集団)がいなくなったことを証明することが難しいからです。

がん細胞の大きさはとても小さく20μmほどで、大きさ1cmの腫瘍内のがん細胞数は数億になります(ただし、腫瘍組織にはがん細胞だけでなく免疫細胞や血管や腺などの正常細胞/組織が含まれています)。

現在、日常的に用いられる画像診断で発見可能な最小のがんの大きさは1-3㎜ほどです。仮に、1㎜でもがん細胞の数は数十から百万に及びます。ということは、現在の医療技術では1㎜未満のサイズの腫瘍(がん細胞集団)は見えないため、数万以下のがん細胞集団がいるのかいないのかを知ることは難しく、さらにどこにいるのか探し出すことはできません。

仮に、がんが治った状態を「再発のもとになるかもしれないがん細胞(集団)」がいなくなることとすると、これを否定しなくてはなりません。現状では、がん治療医はこの証拠を現実的に得る方法がないため(現実には、治っていたとしても)「治りました」とは言えないわけです。

最近では、免疫細胞療法が手術後の再発を抑え生存率を改善するという研究報告が集積してきています。これらの報告から、少なくとも手術だけで治療を終えその後再発の無いケースの一部では、私たちに生来備わる免疫によるがんへの攻撃が術後体内に残った微小ながん細胞集団の抑制や排除に寄与していることが分かってきます。

細胞免疫療法は、私たちに生来備わるがん免疫を高め、治療後の再発を予防する方法として期待されている治療法です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME